R日記-W.ver

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国の改革訴えた人権活動家に懲役11年、「08憲章」起草の劉暁波氏

<<   作成日時 : 2009/12/25 14:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




中国では、政治改革を訴えると国家政権転覆扇動罪という犯罪が成立してしまうそうです。

な、なんだってー! ΩΩΩ

と言いたくなってしまうような内容ですが…。

正確に言えば、「08憲章」(2008年に発表されたからか?)の起草に関わったから、とのこと。
その問題の「08憲章」とは一体何なのか?
Google先生に聞いてみましょう(笑)。全文を掲載したページも出てきます。

内容を読んでみると、「えっ!? 中国では、これが保障されていないの!?」と驚いてしまいます。
言論・集会・結社の自由がない(もしくは強く制限されている)そうです。
戸籍も二元制となっており、都会部と農村部で異なる戸籍が使われているそうです。経済格差がひどいという話は聞きますが、まさか行政手続上も別に扱われているとは…。
適正手続も問題です。なにやら、司法審査なしに、最長で4年まで拘禁できる制度があるそうな。適正手続の「て」の字もありませんね、これは…。しかも、いったいどこに拘禁されるのやら。

自由な国が、最終的に発展するのかどうかは分かりませんが、少なくとも、人権を制約した国で、国民が能力を開花させることはできないと思います。弊害も大きいですが、それを正すのは国民自身であって、国家がすべきことではないように思うのですよね。

中国は経済成長など著しいですが、まだまだ、野蛮な国と言われても仕方のない状況にあるように思えます。
最近、中国国内で製品を売りたい外国企業は、そこに使われているテクノロジのソースコードを全て開示せよという命令が出されかねないとかいう話もありますからねえ。しばらく前に話題になりましたが、いまはどういう経緯になっているのやら。



天安門事件から「08憲章」へ
藤原書店
劉 暁波

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国の改革訴えた人権活動家に懲役11年、「08憲章」起草の劉暁波氏 R日記-W.ver/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる